« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月28日 (日)

忘年会。

色々と事情があって、昨日(27日)は、「都内某所」にて”ひとりぽっち”の忘年会を開く・・・。

7時開始。

つまみ(枝豆、茹で落花生、茹で空豆)をいただきながら、軽くはじめる。

・生ビール(カールスバーグ:2杯)
・黒ビール(ブラッククリン Black culillin:1本) 
・シャンパン(ボトルをお店の人たちと一緒に)

霜降り牛肉(だと思う)、トマトベースの具沢山スープ、ガーリックトースト等をいただく。

Img_0068  Img_0067

ここで「シングルモルト」を投入!

・グレンモリッジ:10年

Img_0069

この辺から、エンジンが掛かり始め、葉巻を吸いながら飲み始める。
実は、My葉巻を忘れてしまって、お店に置いてある葉巻を吸わせてもらう。

・先ずは、カルヴァドスで1本(葉巻は”チャーチルショートタイプ:銘柄不明”)
Img_0071  Img_0070  

・ボスアルマニャックで1本(葉巻は”モンテクリスト伯”)
Img_0074  Img_0073

・3本目は、ビンテージポートで(葉巻は”ロメオ&ジュリエッタ)
Img_0076

この辺で多分11時を過ぎている。

隣のお客さん(某業界のドン)が帰ろうとするが、携帯に着信アリ。

「えっ!会長がいらっしゃる!(ちょっと慌てている)」

携帯を切って、マスターに向かって一言。

「マスター!今から、ここに会長が来ます!」

はぁ?「ドン」が言う「会長」って誰?

10分後。

ウワァー!!!◯◯◯◯◯◯◯さんだー。
「元気ですかー!元気があれば何でもできる。イチ・ニー・サン!ダァー!」の人です(本当)

スゲー。マジに背中からオーラ出てるがな・・・。

「会長」を横目でチラ観しながら、更に飲む。
(帰りに握手してもらっちゃった!)

・ジントニック(あぁーだいぶ酔ってんなー、写真が・・・)

Img_0079

・プントメントコム(もしかしたら、最初は”ブ”かも)

Img_0080_2
・マンハッタン
(写真なし)

更に飲もうとすると、「マスター」から”いい加減に、コレ飲んで帰れ!”と怒られる。

・唐辛子入りスピリッツ(銘柄不明)

Img_0082 
→ んが! 辛い!

深夜2時、忘年会終了。

さて今回のお会計はと・・・(メモの金額を見る)・・・。

えースンマセン。所持金全部でも払えないんですが・・・(泣)。へ?「葉巻の分」は、次回でいい。ありがとうございます(泣)。

<教訓>
葉巻は自分で買おう!

3時にカプセルホテル着。即就寝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマス・イブ。

特に何もなし。昼間は、体調悪く、横になっていた。

夕食のあと、子供たちとカミさんは、クリスマスマーティー

ウチには、今年も無事「サンタ」が来たようだ。ヨカッタ、ヨカッタ。

ところが、一転、一番下の子(三歳)が熱を出す(;ω;)。

ネットでニュースを観ると「飯島愛!死亡」の記事。

「代理ミュンヒハウゼン症候群」のニュースも。5人の子供のウチ、4人が4歳までの死亡していた・・・。

2008年も残り1週間かぁ。

468slide1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ドバイ、バブル崩壊。

あー、やっぱり、はじけました「ドバイの不動産バブル」。

<ドバイに投資家ソッポ 信用危機、不動産バブルはじける>
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200812080032a.nwc

ほんの数ヶ月まえにNHKの特番では、「中東のドリーム」、「この世のパラダイス」のように描いていたのに・・・。まっ、その時も”不動産のババ抜き”が始まっている(損をする前に売り抜ける)と言っていたが。

高さ1kmのビル建設計画とか、人工衛星から見える人工島(パーム・アイランド、ザ・ワール)とか、チョットやりすぎたっだもんなぁ。

下記写真は高さ819mの「ビルジュブルジュ・ドバイ」

Burj_dubai_1009

でも、この国は、もう元にも戻らんだろうなぁ。(石油も枯渇してるって言うし:合掌)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

無駄遣い。

コレ、買っちゃった。「マルシン GLOCK G21」

いやー面白い、面白い。結構な勢いでカートリッジが「排莢(はいきょう)」されるのよ(笑)。ポンポンと。
銃本体も適度に重くて(約800g)で、いい感じ。(本物を打つ前の)練習にいいかも。(ああ、グアムまた行きたいなぁ〜)

P1010723

カートリッジは、こんな感じ。

P1010722

ちなみに、写真左から「45口径(のダミー)」、「40口径(本物)」、「マルシンのカートリッジ」。
本当は「CLOCK 21」は45口径なんで、「マルシンのカートリッジ」は少し細い(40口径並み)。ま、遊ぶには関係ないけどね。

最近、某玩具会社の社長が「タイホ」されちゃったンだけど・・・、どうも「見せしめ(生け贄?)」らしいという噂アリ。(いわゆるケーサツOBの「天下り」を受付なかったとか)

オモチャなんだけなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

四つ足。

動きがチョット気持ち悪いが、スゲー。

チャンと自立してるし、姿勢制御もできてる!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

ホンダF1。

「’09年、ホンダF1撤退!」

「ああ、やっぱりね」という感じ。

3度目のF1復活以降「パッ」としなかったもんなぁ、ホンダ(優勝は、J・バトンの1賞のみ)。

撤退の大きな理由は、

1.F1活動に必要な「年間400〜500億円」とも言われるいう運営資金の負荷。

只でさえ、国内外でクルマが売れず困っているのに、400億も500億ものお金を湯水のようには、使えないもんなぁ。

2.レギュレーション(ルール)の改正への反発

現在検討中の「統一(ワンメイク)エンジン化」が実施されたら、エンジン開発メーカーとしての参加意味がなくなるもんなぁ(”エンジンはホンダが供給する”となったら話は、また違うけど・・・)。


年寄りのグチになるけど、昔(30年前!)は、「チョットした大金持ち(石油王とか貴族とか元F1チャンピオンとか)」が、F1チームを持てたんだけどなぁ。
多分、「年間数億〜十数億円」で参加できたんじゃないかなぁ・・・。

エンジンも、ほぼワンメイクだったし(フォード・コスワースDFV)・・・。

注)自前でエンジンを作れたのは。、「フェラーリ」と「ホンダ」位。後はエンジン供給メーカーとして「シムカ/マトラ 」、「アルファロメオ」他があった程度(勿論すべてNA:無加給エンジン)で、選択肢が少なかった。

当時(’70年後半〜’80年前半)は、程度の良い中古の「フォード/コスワースエンジン」が800〜1000万円程度で買えたということを聞いたことがあるので、後は優秀な設計(デザイナー:例えば、奇才ゴードン・マーレー)とドライバーとスタッフがいれば、何とかなったんだよね〜。

但し、当時は「F1界は白人至上主義」みたいなところがあって、とても「有色人種(日本人含む)ドライバー」が活躍するなんてことは夢にも思わなかったなぁ。
F1マンガの金字塔、「村上もとか作”赤いペガサス”」にもそんなエピソードがあったなぁ(南アフリカGPの巻)。
ちなみに、主人公「ケン・アカバ」は英国籍の日系イギリス人です。
注)「マキF1」などという「怪しい日本人チーム」もあったけどね(笑)

もう、「F1に夢を求める」には無理なんだろうね。残念。

PS.
ところで、「世界のトヨタ」は、大丈夫なの?
2002年の参戦以来、優勝なし(最高位、2位)。F1は、「世界のトヨタ」が思う程、甘くなかったんだと思うよ。ルマン参戦でも失敗してるのにな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

新刊。

いやー今年も「ディック・フランシス(Dick Francis)」の「競馬シリーズ」が読めるなんて、うれしいなぁ!

「ハヤカワ競馬シリーズ」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/issue_schedules/book/list.html

ディック・フランシスの「競馬シリーズ」は(翻訳版は)、毎回必ず「漢字二文字」と決まっているのだが。えぇっと今回は・・・・「審判」。

今回の主人公は「弁護士」かぁ。

原題は「SILKS」かぁ・・・”silk”ってシルク(絹)のことだよね?

んー(iPhone の英和辞書で調べている)ん?

「s」を付けて(〜s):絹の服 →(転じて)競馬騎手の着る「勝負服」を指す。*

ふーん「勝負服」のことかぁ。ストーリーは「法廷がらみ」らしいね。

英語が読めりゃぁ、8月に「洋書で原書が発売された時点」で読めんだけどね(泣)。オレの”インチキ英語”じゃ、とても歯がたたねぇもんな・・・トホホ。学生の頃にしっかり勉強しておきゃぁ、よかったなぁ(これを後の祭りという)。

*英語原題は、「競馬界用語(隠語)」になっている。

例:「興奮」→原題「For kicks 」:蹴る→ラストスパートのこと

  「本命」→原題「Dead Cret」:絶対確かなこと→固い本命馬

発売は、「クリスマス(25日)」か。アマゾンで予約しておこうっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

虹のつながり。

また「You tube」で、こんなん拾いました。   

世界一有名なカエル”カーミット” と、「ブロンディ」のボーカルだった「デボラ・ハリー」が一緒に歌っている。多分「マペット・ショー」の一部だと思う。

英語で何か「ギャグ」を言ってるんだけど、早すぎてワカンね.....orz

追)赤字:カーミット、青字:デボラ・バリー、緑字:二人が一緒に歌っている部分(のインチキ翻訳)

Why are there so many songs about rainbows?
どうしてこんなに沢山、虹についての歌があるんだろうね?
And what's on the other side
虹の向こうに何があるのかとかさ
Rainbows are visions, but only illusions and
虹は目に見えるけど、それはただの幻想よ
Rainbows have nothing to hide   
それに、虹は何も隠してないわ 
So we've been told, and some choose to believe it
なーんて、虹はそんな風に言われてきたし、それを信じる人もいるけれど
I know they're wrong wait and see
きっとそのうち、考え直すようになるよ 
Someday we'll find it
そのうち見つかるわ
The rainbow connection
虹のつながりを
The lovers, the dreamers and me
恋人達と、夢を見る人達と、そして僕(私)のつながりをさ
All of us under its spell
みんな呪文にかかり
We know that it's probably magic
もしかして魔法じゃないかと思ってる
Have you been sleeping
眠っている間に
And have you heard voices
声を聞いた事があるかい
I've heard them calling my name
私は自分の名前を呼ばれたことがあるわ
Is this the sweet sound that calls the young sailors?
これが若い水兵を魅惑するっていう例の音なのかな
The voice might be one and the same
(私が聞いた)あの声も同じものなのかもね
I've heard it too many times to ignore it
何度もそれを聞いたしね
It's something that I'm supposed to be
僕はそうなるべきのかもね

(以下略)
Someday we'll find it the rainbow connection
The lovers, the dreamers and me
Someday we'll find it the rainbow connection
The lovers, the dreamers and me
(Someday, some way, I know we'll find it)
The lovers, the dreamers and me         

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »