« 一気読み。 | トップページ | 走行会。 »

2008年10月 8日 (水)

ノーベル賞。

「2008年のノーベル物理学賞に日本人3人

一度に3人かよぉ、スゲー。 特に驚いたのは、これ。

「小林・益川理論」(「CP対称性の破れ」)
(物質を構成する最小単位の「クォーク」が6種類であることを予言)

「30年も前」に発表した論文の内容に対する受賞とのこと・・・

なんとまぁ、気の長い話よなぁ。まぁ実証されるのに30年掛かった訳だが。

小林氏:64歳、益川氏:68歳。30代に発表した論文が60を越えて、大きく評価されるって、どんな感じなんだろう?

いつかは、評価されるという自信があったのかねぇ。

<10月8日22:00追記>

ノーベル化学賞を、米ボストン大名誉教授、下村脩氏(80)が受賞。

オワンクラゲから紫外光を当てると、その光を吸収して緑色に輝き出すタンパク質GFPを、1961年に発見した

1961年って・・・47年前(約半世紀前)?

はぁー。見ている人(団体)は見ているってことかねぇ。すごいなぁ。

|

« 一気読み。 | トップページ | 走行会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/42721298

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞。:

« 一気読み。 | トップページ | 走行会。 »