« 慇懃無礼。 | トップページ | いまさら「F1」の話。 »

2008年10月18日 (土)

皮膚皮下腫瘍摘出手術。

5年以上から、頬(ほほ)に「デキモノ(?)」がてきていた。特に痛むこともなく、おそらく「脂肪」の塊(かたまり)」だろうと思っていた。
ところが年々大きくなるとともに、数も増えて来た。更に身内から「大きくなったよねぇ」等と言われる始末。

んー取っちゃおーと。

つー訳で近所の総合病院(の皮膚科)へ。

先生(♀)「薬じゃ直りませんから、手術になりますが・・・」
私「お願いします」
でー、額一つと頬二つの合計三つを取る事に。

手術当日・・・・

上だけ「手術着」に着替えて「帽子」を被って「手術室」に。

へ?手術台に寝てやるの?本格的じゃん。

先生「麻酔打ちますね、チョット痛いです」

プスッ!ギュー(麻酔液を注入する音)

私「うう!うーん」

先生「大丈夫ですか?」

私「い、痛いです」

マジにコレまで生きて来た中で、1、2を争う痛さ!思わず足の指が内側に曲がる程。デキモノ一つに付き4〜5カ所打つ。額に打たれた時は、気を失うかと思う程痛かったッス(皮膚が薄い=骨に近い部分の注射はイタい!)

んでもって「麻酔の効き」を確認

先生「(なんか尖ったもんで頬を突いているらしい)コレ感じますか?」

私「触っているのは、判りますが、痛くはありません」

先生「じゃ、ダイジョウブですね」

ブシュ!(メスを入れる音)

ザクザク、ザクザク(”デキモノ”の上下を切っているらしい)。

グリグリ(”デキモノ”を取っているらしい)

先生「一つめとれましたよ。じゃ、傷口を焼いて血を止めますね」

私「(傷口を焼く?)」

ジュー、ジュー(なんか、半田ゴテ*みたいのを押し付けてる)
*実際は「レーザー照射器」らしい

ぷーんと「焼き肉屋さんの匂い」がする・・・orz

先生「じゃ、縫います」

プスッ、チクチク

同様に、二つめ、三つめも無事終了。

ガーゼをつけて、その上からテープで止めて約1時間で手術終了。

先生「こんな、感じです(といって手鏡を)」

私「うぁーダークマン(マイナー)みたいになってる!」

というわけで、今ワタシの顔には、「コントやマンガに出てくるヤクザがしている頬のキズ」が3つあります。

抜糸は来週だってさ。チャンチャン。

|

« 慇懃無礼。 | トップページ | いまさら「F1」の話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/42828031

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚皮下腫瘍摘出手術。:

« 慇懃無礼。 | トップページ | いまさら「F1」の話。 »