« その後の「iPhone 3G」について(その1) | トップページ | 2008年の僕へ。 »

2008年9月22日 (月)

樹液。

しばらく「愛車(RX−8)」を洗車していなかったので、久しぶりにキレイにしてやろうと、ふと愛車見ると、ボディ全体に「1〜3mm程の茶色い点」が無数に付着している。いつも庭先の「木の下」に駐車しているので、木から「樹液」が落ちて付着してしまったらしい。

ヤレヤレと思いながら、いつものに「カーシャンプー」で洗車をしてみたが、全く効果なし。手のひらで触ってみるとハッキリと凹凸感がある。太陽の熱等で「固着」してしまっている。
「樹脂→油」ということで、塗装前やステッカーを貼る前の処理に使う「脱脂(シリコンオフ)スプレー」を試してみるが、これもダメ。
これはシロウトでは無理だと考え、ディーラーに聞いてみると「完全に固着しているのなら、(物理的に)ポリッシュ(磨き)して取るしかない」との答え。
方法としては、大体この2つ。

・クリアー層を除去して、再度クリアーを塗装し直す
 →20万円コース

・ボティコーティングをし直す(下地処理時に除去)
 →7万円コース

そんなお金は、今ありませーん・・・

インターネットで調べると、やはり「樹液」は中々、手強い相手らしい。そのまま、ほおっておくと、塗装のクリアー層に浸食しシミになり、ディーラーさんの言う通り20万円コースor7万円コースになってしまう・・・。
「70〜80℃のお湯」が良い等とあったが、「熱湯の入ったヤカン」を片手に洗車するのもなんだかな〜。

んー「樹液って松ヤニや茶シブ」だよなぁ・・・。

ピキーン!(頭の上に電球)そういえば、去年、垣根の剪定(せんてい)用に「電動ハサミ」を買った時、一緒に「茶シブ取りクリーナー」なるものも一緒に買った記憶が・・・。

レッツ・トライ!「茶シブ取りクリーナー」

結果は・・・おぉ!見事に「茶シブ」が、いや「樹液」が取れていく!

「茶シブ取りクリーナー」の成分がなんだか良く判らない(石油系なのかアルコール系なのか)ので、取りあえず(クリーナーを落とす意味で)もう一度洗車しました。

*注)トライする時は、自己責任でね!。

|

« その後の「iPhone 3G」について(その1) | トップページ | 2008年の僕へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/42558807

この記事へのトラックバック一覧です: 樹液。:

« その後の「iPhone 3G」について(その1) | トップページ | 2008年の僕へ。 »