« 兄弟車。 | トップページ | 無気力。 »

2008年5月 6日 (火)

Do it my self.

昨夜、遅く「通り雨」があったようだが、今日は、朝から「晴天なり」。

今日は、以前からやろうとしていた事を片付けようと思い立つ。

その1:自転車への「荷台(デイキャリアー)取り付け」、「レベル1(5段階評価で)

「コーフーさん」に注文していた「APB用デイキャリアー」が届いていたので、取付ける。
本来は無垢(銀色)なのだが、本体と同じ色(ブリティッシュ・グリーン)に塗装済み。自転車本体にある「ネジ穴」を利用して付けるので取付けは、簡単。10分程で終わる。グルッと家の回りを1周して終わり(遠出しろよ!)

P1010509 P1010510

→サドル後方に「三角形」に飛び出た部分が今回取付けた部分

その2バイクのマフラーに「バッフル」取付け「レベル3」

騒音対策並びに、アフターファイヤー対策で「N プロジェクトのバッフル」を取付ける。用意した工具は以下の通り。

ステンレス用ドリル刃具(1280円)、CURE666(船舶用の防錆油)、会社からパクった譲渡された電動ドリル(多分、980円位)

 P1010501

先ずは、マフラー先端にポンチを打って、2ミリのドリルで下穴を開ける。「CURE666」をスプレーして・・ドリルで下穴を開ける、開ける・・開かないじゃん!
ドリルはクルクル回っているが、「切り粉」が全く出てこない。
んーさすが、「ヨシムラのステンレス・サイクロン」侮れん。
ドリルを3ミリに交換して、再挑戦。おっ、今度は「切り粉」が徐々に出てくる。ステンレスに穴を開けるには、一気にあけようとせずに、少しずつ開けるのがコツらしい。「ギュイン、ギュイン」と間隔をあけてドリルを回す。やがて、「カリカリ」とした音がして来た。どうやら貫通したらしい。

作業途中通りがかりの(町内の)家族連れに変な目で見られる。
「昼間っから、道ばたでドリルをギュンギュンさせてるオヤジ」は十分、怪しいとおもう。思わず笑顔を返すが、帰って逆効果だったようだ・・・。

下穴があいたところで、6ミリのドリルで本穴開け。これは以外とあっさり開いた。マフラーの外側からネジ止めし、念のため内側からもイモネジで固定する。作業は30分程で終了。

P1010502_2 P1010503_2

 音のほうは・・・・んーかわったのか?
アフターファイヤーもなんか変らないような気がする。トホホ、本日「キャブの調整」は諦めることにする。

******ここで昼食&2時間程のシエスタ(昼寝)****

その3スーパーチャージャーの破損部品の取り外し。「レベル5」

作業工程は・・・以下省略。

1時間半の格闘のすえ、「テンショナープーリー(ベルトに張りを与える部品)」が完全に焼き付いていることが判明。両手を血だらけにしながしながら、取り外しに成功。

「ベルトが切れて、焼き付いたのか」、「プーリーが焼き付いて、ベルトが切れたのか」は不明。どちらにしろ、「ベルト」ならびに「プーリー」は完全交換だ。明日、コンプレッサーを取付けてもらったショップに行こうと思う。修理費が痛い。

P1010504 P1010505 → 真黒け。ベルトのスリップ跡あり

P1010506  P1010507 → 本当は真ん中のシャフトが取れるのだが「固着」して全く動かない(回転しない)

おまけ。

1日中、自分のことばかりしていいて、気が引けたので、夕方、子ども達をつれて、隣の家に「サクランボ」を取りにいく(親戚なのです)。早く取らないと、鳥や虫があっという間に食べてしますとのこと。ボール一杯の収穫。口にいれるとちょっぴり酸っぱいが自然の味がする。

080506_172001

|

« 兄弟車。 | トップページ | 無気力。 »

コメント

ゆきかぜさんこんにちは。
いつもコメントありがとうございます^^
バッフル取り付け大変でしたね。
僕もインナーサイレンサーを自分で付けましたが、マフラーが安物なので簡単に穴が開きました(笑)
素人のマフラー加工は、なかなか思い通りの効果が出ませんが、それはそれで楽しいかな、とも思います(^^

投稿: らんぴょ | 2008年5月 9日 (金) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/41112304

この記事へのトラックバック一覧です: Do it my self.:

« 兄弟車。 | トップページ | 無気力。 »