« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

動物園。

土曜日は家族サービスデー。というわけで、クルマで1時間半程のところにある動物園に家族総出。

*************************************

サイは、デカイ。
シロサイの学名ってCeratotherium simum」っていうんだ。読み方?多分”せらとすりむす・するなむ”かな(笑)

P1010374

バク、バク、バク、大和田獏。

P1010376

昼寝をするハイエナ。なんか自分と「共感」するものがある(笑)

P1010386

昼寝をする「アシカの夫婦」。これもいいね(何が?)

P1010387

マンドリル。ちょっと飲み過ぎた翌日みたいな顔。

P1010395

「ライオンは寝ている」という歌がありましたな。

P1010405

「トラ」は起きてました。さすが「貫禄」あり。

P1010406

子供達は大喜びでしたが、人ごみが苦手な、お父さんは家に帰ってから、ダウンしました。トホホ、なさけない。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

プラグ交換(バイク篇)。

あー、投稿中に回線落ちたー!
畜生!、最初からかき直しだ。

***************************
歳取ると、「筋肉痛」が翌日に来るなぁ。

昨日は、久しぶりにバイクで遠出し、壮快・壮快。
タダ、ちょっと「気になる点」があったので、行きつけのバイク屋に行く事に。

「気になる点」とは、「エンジンの音/振動」。
なんんか、こう。いまひとつ、ふけ上がりが悪いつーか、アクセルを開いていくのに抵抗があるつーか。アイドリング時の音で表現するとこんな感じ。

「ドロッ・ドッ・ドッ・ドッ、ドロッ・ドッ・ドッ・ドッ・・・」
(注)本人の感覚によりますので、正確ではありません。

4気筒エンジンのはずなのなのに、昔乗っていた「ホンダのVツイン(2気筒:下記写真参照)」みたいな感じなんだよね。3000rpmからの加速もなんか、鈍いし・・・。
Moto6_2

丁度、ネットで注文していた「プラグ」が届いていたので、交換してもらうことにする。
http://daytona-mc.jp/sp/maxfire/
送料込みで、2000円/1本。高いか?安いか?

ちなみに、取り外した「プラグ」は、こんな状態でした。

P1010368

向かって右から1番目と3番目(バイクに乗った時も同じ位置のプラグ)が、真黒け。特に右から1番目は、煤(カーボン)がコーティングされたようになって、テカってしまっている(触っても手に付かない!!!)。
ガソリンが濃いんかなぁ。それとも「プラグ自体の寿命」だったか?(この前にいつ交換したか憶えていない・・・)。

交換後はこんな感じ。

「ドロロロ、ドロロロ、ドロロロ・・・・」
(注)あくまでも、本人の感覚に頼っておりますので、正確ではありません。

おお!、ちゃんと「連続して”4気筒”が働いている」感じがする!
走った感じも、スムーズで、ストレスなし!

PS.
「道具箱」のSさんへ。やっぱり「気のせい」スかね(笑)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

帰宅。

帰宅。
すでに陽が西に傾いております。
遠足は、家につくまでが遠足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着。

到着。
じゃ、二時間ほと行方不明になってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上郷SAにて。

上郷SAにて。
上郷SAにて。
バイクはいませんなぁ。あまたりまえか…、平日だもの。
桜が綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西へと。

西へと。
天気は良いがやや風がある。
第一冬型装備で進行中。浜松サービスエリアにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

New & Old

「友人?」

「たくさんいるよ」

「子供、大人・・・」

「男、女・・・」

「激しいヤツ、大人しいヤツ・・・」

「軽いヤツ、真面目なヤツ」

「新しいヤツ、古いヤツ・・・もっと古いヤツ」

「まぁ、どいつも好きだがね(笑)」

http://www.youtube.com/watch?v=NegskmzWtw4

リーヴァン・クリーフ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

春の陽。

まとまった雨の後の晴天。うっすらと汗をかく程の陽気。
気分的にも、「なんとなくいい感じ」がする。
気圧が高いせいかと思ったりする?。

「気圧と気分」というのには、一応医学的な説明がつくらしい。
http://health-info.jp/medical/disease/tenki_kibun_ishihara.htm

たしかに、天気が良くても「低気圧」が近づいていると調子が悪いときがあるんだよね。

1206321688539_2

嗚呼、やはり「TOMCAT」には夕陽だねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

春の雨。

新聞のコラムでいい文章に会う。

「春の雨というのは、”濡れている雨”のことである」

いいねぇ「濡れている雨」って表現がさぁ。

今日は、よても暖かく良い日でした。
予定では、「バイクで久しぶりの遠出」をするハズだったのだが・・・(昨日、オイルも交換したのに)。「こころ」がシトシトとした雨で、結局、一日中家(寝床!)に居ることに。

あしたは、天気もこころも晴れますように!

1203092797519

やっぱり、「TOMCAT」には夕日が良く似合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

夕陽に。

「F14 トムキャット」は、よく似合う。

F14_in_sunset

別に意味は、ないんだけれどね。
良い絵(写真)だなと思って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

春の嵐。

今日は、昨日とうって変わって「雨&風」の大荒れの一日でした。
午前中は、訳あって病院のハシゴ(2軒!)をして、帰宅すると既にお昼。
午後は、「薬の影響」で床(とこ)に伏せっておりました・・・。

夕方にやっと復活、「youtube」で気に入ったPVなぞを落としておりました。
そこで見つけたこのコ(藤井リナ)いいねぇ。
確かに、雑誌の写真で見かけたことあるなぁ。近々、初写真集も発売されるとのこと。オジさん買ってみようかなぁ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ある春の日。

今日は、暖かくていい1日でしたなぁ。

あんまりいい日なんで、「乗り物」の掃除してました(笑)
クルマ(RX-8)は、ともかく、バイク(XJR1300)とあんまり乗ってやれない自転車(モールトンAPB)は、思いっきり「ホコリ」をかぶっていたので、かわいそうでした。

ほぼ半日かけて、3機を掃除。

P10103601

あー、極楽。極楽。ズズー(お茶をすする音)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

ノンフィクション。

それは、週末に実家へと帰る「東名高速道路」の上だった。

時刻は、夕方の6時半を少し過ぎたあたり。私は、RX-8を西から東に向かわせていた。夕暮れ時。走行車線も、追い越し車線もクルマの波で満ちている。私は、追い越し車線の中をゆっくりと流していた。ギアは5速/3500rpm、ほぼ100km/hで巡航中。どのクルマも同じリズムで走っていた。あと30分弱で降りるべきインターチェンジにたどり着く予定だった。

前を走るファミリーカーの車幅灯が道路の継ぎ目をひろって、同じサイクルで上下に動いている。両車線も動きがない。ふと、一瞬止まっているような錯覚を受ける。しかし実際には毎時100kmのスピードで、お互いに移動しているのだ。前後の車間は2車両分もあるまい。もし、今前のクルマと接触するば、ただでは済まないだろう。私は、僅かにアクセルを緩め、前との車間を開けた。

それまで無かった違和感を後方に感じた。「バイブレーション」&「パッシング」。クルマの波を左右にかいくぐるようにヘッドライトが接近し、クルマの機影が私の背後から、右側の走行車線に移った。
BMWだった。白かそれともシルバーか、夕闇の中で、車体の色をハッキリと確認できない。不釣り合いに低い車高。ハの字に開いたタイヤ、マフラーも大径のものに交換してあるのだろう。3シリーズらしかったが、一言でいえば「下品」。そんなクルマだった。BMWが加速して私の横に並んだ。走行車線から前に出て、無理矢理私の前に割り込むつもりだろう。

それまでのリズムを乱す輩(やから)。私はそう判断した。いままでのRX-8であれば、この状態から急加速するのは、ギアを1ついや、2つは落とさなければならなかった。
「新しいロータリーエンジン=レネシス」は、これまで「ロータリーエンジン」の恥部といわれた低速での不整脈爆発にともなう「ガクガク」感を完全に解消していたが、それでもレシプロエンジンに比べ、トルク感のなさが否めなかった。トランスミッションのギア比でそれを補っている部分があるのが現実だった。

しかしこの時、私はギアを素早く、一つだけ落とし、アクセルを踏んだ。それまで美しい旋律を奏でていた「レネシスエンジン」が咆哮を上げ、同時に野獣のような轟音と共に車体が加速する。アクセルの開度に反応して電磁クラッチが作動、「ルーツ式2葉タイプのスーパーチャージャー」が目を覚ました。小倉クラッチ製のコンプレッサーの中で「繭型の2つのロータ」が互いに反対方向に回転しつつ、空気を圧縮し「レネシスエンジン」へと過給する。ブースト計の針は、0.4hkpa(ヘクトキロパスカル≒0.4kfg/cm2)を指し、回転計が一気に5000rpmまではね上がる。

車速は、一気に130km/hまで上がる。一旦開いた、前のクルマとの車間があっと言う間に縮まる。「BMW」は、前にでることができず、再び私の後方にピッタリと貼り付く。
走行車線は、トラックの群れで埋まっている。背後のBMWが左右に踊りだす、私の前には、余裕が出来つつ有る。「そこをどけ!」BMWの動きがそう告げていた。

もう一つの影が後方から近づいてきた。BMWの後方から右へと移動し、一瞬の間をついてRX-8の前に入られた。白い塊。ポルシェだ。いいコンビネーションだ。独特なテールに「GT3」のエンブレムが目に入る。
一瞬、ブレーキを踏んだ瞬間、BMWにも前に入られる。アクセルを踏む、再び、「スーパーチャージャー」が唸りを上げる。クルマ全体が振動し、加速を再開する。140、150km/h、回転計の針が6000rpmが少し越えたあたりでギアを5速へ上げる。RX-8のデジタルメーターが165km/hを越えたが、加速は衰えない。しだいに、BMWとGT3の姿が近づいてくる。回転計が6500rpmを越えた。更にアクセルを踏み込む。RX-8は当然のように加速する。

突然、大きなショックと共に加速が鈍った。レッドソーンまでは、後1500rpmはある筈だ。速度計を見ると180と181の数字が交互に点滅していた。「速度リミッターの作動」。

私はアクセルから足を離した。見る間に速度が落ちていく、ブースト計もマイナス側に針の先を指している。BMWとGT3の姿が小さくなっていった。
気がつくと降りるべきインターチェンジまで2kmの表示が見えた。私は、「レネシスエンジン」と「私のこころ」をクールダウンさせながら、インターの出口へとむかった。

*「これ」つけようかなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

冬用装備。

とりあえず、真冬でもバイク(XJR1300)には乗っている。
その昔(20年以上も前だが・・・)は、ダイエーで買った「安物のジャンパー」の下に「新聞紙」、首には「タオル」を巻いて走ったりしていた。深夜、悪友の家から、バイクを飛ばして下宿にかえろうとして、何度も凍死するかと思った。
しばらくして、バイト代で買った「スキーウェア」と「スキーグローブ」を代用するようになった(映画「私をスキーに連れてって」がヒットしていた頃かな。スキーには行ったことがなかったけど・・・)。

さて、月日は経ち、現在はというと・・・こんな感じ。

P1010349_2


上半身は、半袖Tシャツ+長袖Tシャツを重ね着し、その上に写真にある「ペアスローブ製の防寒インナー(SF-01 サンテストフリース)」(写真後ろの青い上着)を着て、「MA-1 (BUZZ RICKSON'S 製のレプリカ)」を着る。
注)このレプリカMA-1、2年程前に偶然、ネットSHOPで「デッドストック品」の処分セールを見つけて、定価の半分で購入した。実際には’98年製造の物。ただし、「フライトジャケット」は頑丈ですが、基本的にはバイク乗りには向きません。ジッパーから風通しますし・・・。私はそれを補うために下に防寒フリースをきている訳です。

更に襟元には、これも「ぺアスローブ製のネックウォーマー」(MA-1 の襟に掛かっている”三角形”のもの)巻く。これで上半身&首周りは「完璧」。
注)襟元からの風というのが、バカにできないんです。コレが。

P1010350_2

下半身は基本的に夏・冬通じて「Gパン」だが、冬は「ヒザから下」に「Goldwinのニーウォーマー」を巻きます(これが結構、効果有り)。そしてグローブは「JRPの冬用グローブ(SBW)」。バイクに「グリップヒーター」も装着済みなので、私の済んでいる地域では、ほぼこの装備で行けます。但し、そうはいっても忘れたころに「大寒波」が来たりするので、その際は、下半身には、これまた「ペアスローブ製のオーバーパンツ(W-03)」を重ね着します。これがフル装備状態。
注)フル装備状態では、少々オーバースペックになります。バイクで走行中はいいのですが、コンビニや本屋(書店)にこの状態で入ると、「大汗」をかくハメになり。その後、結局バイクで走った時の風で身体が冷やされてしまいます。

これでも、以前にくらべれば「薄着」になった方なんですが・・・。見た目はあまりかっこ良くないですな(笑)。

今、チョットきになるのは「コレ」。
フライトジャケット(MA-1タイプ)のデザインを踏襲し、且つバイク乗り用に改良してるのが良い。色は「セイジグリーン/オレンジ」がいいな。

金がないので、来年の冬かな・・・。
それまで、カタログ落ちさせないでね!「KADOYA」さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

機械式ブースト計の追加。

「スーパーチャージャー」の装着は終わったものの、何か足りない感じがする。
イヤイヤ(笑)そうじゃなくて「運転中、実際にどの位ブースト(過給)が掛かっているのかが判らない」のだ。一応リアルタイムで(デジタル式の)「ブーストコントラー」に表示することができるのだが、「助手席側のダッシュボード下」に設置してあるので、(表示を)見ながらの運転は、非常に怖い(「視線移動」が大きすぎ!)

で、やりましたよ。付けましたよ「機械式のブースト計」「自分で」
(だって、プロに頼むと2万円位掛かるっていうんだもん!)

まー時間が掛かった、掛かった(約3時間)!手順としては、
(1)ブースト圧の採れる場所(インテークマニホールド等)を探す。
(2)(1)にホースをつないで、室内に引き入れる。
(3)ホースをブースト計につなぐ。
(4)ブースト計の電源を取る。
(5)ブースト計をダッシュボードに固定する。

なんですが、(2)の作業に手間取りました(1時間半)。

さて、アイドリング時の表示はと・・・。

P1010344

んーと、「マイナス側の0.6と0.7の間」位かな?
つーことで「−0.65」ということに(アイドリング時は負圧が掛かっているということでOK)。
目盛りは「×(掛ける)100Kpa」なので

- 0.65 × 100kPa = - 65.0kPa

でーその時の(デジタル式の)ブーストコントラーの表示はというと・・・。

P1010345_2

- 49cmHg = -  490mmHg

えぇっと、
換算表、換算表・・・

1 mmHg = 0.1333 kPa だから・・・。

- 490mmHg = 490 × 0.1333 kPa = -65.317 kPa

なかなかいい精度じゃないの(確からしさ不明)
兎に角、なんとか自分で取付けられて、満足、満足(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

シャシダイ測定(その2)

RX-8(type S)にBLITZ製のコンプレッサー(スーパーチャージャー)の取付けが一応終えたので、「シャーシダイナモ」によるパワーチャックをしてきました。
その結果が下のグラフ(設定値:ブーストポイント:15、ゲイン:5)

*コンプレッサー作動時に瞬間的にブースト圧「0.52hkPa」を示すが、実際に定常的に掛かっていた圧は、これよりも低い(正確な圧力不明)と思われる。

Rx80802210031_3→ 今回(コンプレッサー装着後)の測定値

前回の測定(N/A時)は、「最高出力:166PS,トルク:18.2kgm」であったのに対し、コンプレッサー装着後の今回は「最高出力:181.6PS、 トルク:20.5kgm」との結果だった(出力で約15PS、トルクで、約2.3kgmのアップ)。
トルクのアップは、僅か「2.3kgm」程だが、N/A時は、「15kgm、/2800rpm」から「ジリジリ」と上昇していき、6500rpmで最大値(18.2kgm)を示したのに対し、今回は、2800rpmでほぼ最大値に近い値(20.0kgm)に達しているところが大きく異なっていた。運転しての感じは「これまでは3速に落としていた坂道が、4速でも楽々登っていける」という感じ。

Rx8080221004_5→前回(N/A)と今回の比較

前回は、6800rpmから7000rpmで速度リミッター(180km/h)が効いてしまったが、今回は更に下がって、6500rpmでリミッターが作動してしまいった・・・。レッドゾーンまであと2000rpmもあるのに。ぐっすん(涙)。
前回同様に、エンジンが、仮に8500rpmまで回ったと仮定すると、コンプレッサー装着後の最高出力は、「240PS〜245PS」といったところか・・・(おおよそ、30PSのアップ)

速度リミッター(SLD:Speed Limit Defencer)つけようかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »