« プラグの熱価。 | トップページ | ポール・フレール氏。 »

2008年2月26日 (火)

RX-8ハイパー化計画(その2)。

えぇ、やっちゃいましたよ。やっちゃいましたとも・・・。

BLITZ製スーパーチャージャーKIT(中古)。

P1010319

写真上部に見える塊が「コンプレッサー本体」。一応アルミ製だが持ってみると、結構重い(5、6kgfというところか)。

自動車全体を統括するコンピュータ(ROM)の書換えなどは必要なく、純正の「ECU(Engine  Control Unit)」をそのまま使用する。但し、そのままだとガソリンの混合比が薄くなる(空気の量が増えるので)可能性があるので、「燃料調整コントローラー(サブコン)」を追加して、過給後にあった混合比になるようにする。

RX−8は個体差が大きく、モノによっては、「スーパーチャージャー」と「EUC&サブコン」の相性が悪い場合があるとのこと・・・。チョット心配。

|

« プラグの熱価。 | トップページ | ポール・フレール氏。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/40276179

この記事へのトラックバック一覧です: RX-8ハイパー化計画(その2)。:

« プラグの熱価。 | トップページ | ポール・フレール氏。 »