« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月21日 (日)

GUAM Part2。

たっぷり4時間、実弾射撃で汗をかいた、二人はホテルへと帰還。
ホテルのコンビニでかったビールがまぁ旨い事!あっというまに二人で6缶が腹の中に・・・
(腹が出るはずだわ)。シャワーを浴びて、さっぱりしたところで1時間程爆睡。

7時を過ぎたところで、夕食へ。ガイドブックで現地料理のチャモロ料理のお店を
選んで電話をし、
送迎のクルマでお店に。現地料理とビールをしこたま飲む。

帰りはホテルまで徒歩。途中悪友のどうしてもとのリクエストで「色んなDVD」や「お道具」が
おいてあるいわゆる「アダルトショップ」による。そこで判ったのは自分の趣味が極めて
ノーマルであるということ(笑)

部屋に戻って、水割り等飲みながら12時頃就寝。

二日目

悪友は、1日目の射撃でお腹いっぱいとのことで、今日は私ひとりで射撃。
9時にフランクさんのクルマで出発。
今日は、40&45口径の銃でいくことにする。
レンジの行く途中でガンショップに寄る。そのお店、3分の1がガンショップで残りがオモチャ屋
(普通のだよ)?よくわからん。

さて、二日めは、この5挺。
(40 S&W)
SIG 229
P1010136

なかなかいい感じ。一寸反動がきついか。でも使い易い。

SIG PRO 2340

P1010135

私のベストマッチガン。マイルドな反動。グリップし易い形状。
しかも当る。日本に帰ったらToy Gun(ガスガン)を買おう。

CZ Target

P1010134

チェコ製。作動がちょっと渋い。んーイマイチか。

(45ACP)
Kimber Custom Target

P1010138

いいねぇ。いい。撃ち易い。いい。スポーツシューティングには
ベストかも。

MODEL 1911-A1

P1010139

1911のオリジナルモデルというべきモデルか?
見た目はごついが、撃ち易い。
最後は片手撃ち(ワンハンド)にも挑戦。

(追加)

P1010129

弾はこんな紙のケースに50発つづ入っています。

P1010130

左が45口径、右がS&W 40口径。

Part3に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

GUAM Part1。

つー訳で突然ですが、「GUAM(グアム)」に行ってきました。

目的は、「実弾射撃」

えぇ、撃ってきました。撃ってきましたとも・・・。

悪友と二人組で、土曜日の夜9時半に成田を出発。飛ぶこと3時間半。
現地時間で深夜2時にグアムに到着。そのままホテルへ。4時就寝。

翌日、10時過ぎに起床。ホテル近くDFSがあるので、ぶらっとしながら、プラネットハリウッドで
少し早い昼食(ちなみに今回はJTBのツアーで申し込み、この昼食1回がタダでついている)。
クーポン(食券)をウエイトレスのおねえちゃんに出して待っていると、出てきたのは、
スパムステーキの豆ソース掛け&大山盛りのマッシュドポテト」・・・(写真撮っておくんだった)。
まぁ、ここは「アメリカ」だからなと納得:苦笑。

さて、気を取り直してホテルに戻り、送迎のクルマを待つ。
今回は事前に実弾射撃を申しこんで置いたのは、「TORI タクティカルアウトレンジ Inc.」
13時にトレーナーのフランク氏の運転するワゴンが到着。
最初にオフィスによって、撃ちたい銃をえらんで、弾を購入。銃の扱い方をレクチャーされる。
フランク氏曰く「ルールを守れば、銃は危険ではない」。命に関わることなので、二人とも
真剣に聞き入る。ここでアクシデント発生!友人が銃のスライドで指を挟む。
おいおい、まだ弾撃ってねえぞ!
途中、コンビニによって、ターゲット(的:まと)役の缶ジュース(24本で7ドル!)を買って、
いざシューティングレンジへ。

思わず、「ジャングルクルーズ」か「ジュラシックパーク」かという山道を超え30分ほどで
シューティングレンジへ到着。
再度、銃の扱い方をレクチャーされ、的役の缶ジュース&ターゲットを置いて、射撃開始。

( )内は銃弾の種類。
(9mm)
Beretta 92FS(左)
Beretta Tactical(右)
P1010073

映画やゲームでおなじみの「ベレッタ」。私もガスガン持ってます。
以前バンコクでも撃ちました。鋭く短い反動が心地よい。ベストセラーの理由が判ります。

SIG 226
P1010072

日本の自衛隊でも採用されているもの。ベレッタよりも反動はマイルド。コントロールもし易い。
各部の動きもスムーズ。いい感じ。同行の友人イチオシ。

Glock 17
P1010075

これもまた映画等で良く知られた銃。オーストラリア製。軽い。その軽さゆえか反動がキツい(硬い)感じがする。10発、20発と撃っているうちに、いい感じになってくる。「プロ御用達」といった趣き。

S&W SIGMA
P1010074

Clock17のヒットに触発され、S&W社が製作したと言われる樹脂製フレームの銃。

(45ACP)
COLT 1911
P1010077

(357Mag)
S&W M696(右)
S&W M627 PC(Performance Center)(左)
P1010109

最初にS&W M627 PCを試す。PCとはS&W社のカスタム部門のこと。そこで製作された銃がこれ。撃鉄を起こして、引き金を引く。
どはー、反動がはんぱねぇ〜。
あ、缶ジュースに当った。缶消滅・・・(9mm弾だと缶が飛んでいくのに)

続いてS&W M696。こいつはノーマルの357。グリップが小さい。
痛ー。グローブしててよかった。
グリップ小さすぎ。銃身が短い(4インチ)せいもあって反動が押さえられない。

(223 NATO:5.56mm)
A4 M3 Carbin
P1010070

ここから、長物。
先ずは、M4カービン。いやー反動軽!70m先のターゲットに素人でも当ることに驚愕。


H&K G3
P1010071

続いて、ヘッケラー&コック社のG3。
重い。反動は思いのほか軽い。これも70m先の的に当る。恐ろしい。

休みを入れながら、17時過ぎに終了。気がつくと、二人とも全身汗びっしょり。

本日の使用した銃弾:2名で約300発(560ドル)

P1010094 →リボルバーに弾を込めているところ。

P1010100_2 →シューティングの様子。

Part2に続く。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

Germin Zumo550.

もう、どうにでもなれ!って感じですな。

バイク用のGPS買っちゃいました。
P1010064

GPSストアさんの在庫の最後の1台。(次回入荷は10月末とのことで衝動買いです)。
んでもってマウントは「ツラーテック」の最強バーション「MGv」。
P1010065

合体するとこんな感じ。重量約900g。一寸ヘビー過ぎたかも・・・。
P1010067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »