« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

或る一日。

うーん。脳内のセロトニン濃度が低い感じがする。

6:45
起床。子ども(小学1年&3年)は、もう登校の時間。
私が一番のお寝坊さん。トホホ(レベルマイナス3)
7:30
朝食を食べ終わるも着替える気がせず。「チョット、横になる」と妻に告げて、2歳のガキんちょの横で2度寝する(レベルマイナス5)

9:00
これではイカンと思い、ベットから身体を引き剥がし。なんとか着替える(レベルマイナス1)

9:30
会社に到着。何知らずの顔で机につき、PCを立ち上げる(レベルゼロ)

10:00
コーヒーを飲みながら、本社へ送る約束のレポートを(いやいや)作成し始める(レベル1)

12:00
昼食:おにぎり2個、あんパン1個。野菜ジュース。食べ過ぎは判っている(レベル2)

15:00
ほぼレポート完成。上長(部長)の承認をもらうだけ。が部長が不在・・・。しょうがないので「ネット」でウロウロする。「え!?ZARDの坂井泉水が?」「うわぁ、松岡農相までも・・・」(レベル5)

17:00
部長の承認をもらって、本社へレポートを送信。
よーし調子が出てきたぞって。もう就業時間終わりじゃん・・・
ついでに、社内用のレポートも作っちゃえ!(レベル7)


19:30
あー急速にダレてきた。
レポートを部長に承認してもらい社内配布完了。んでもって、帰社。(レベル2)

20:30
帰宅。ひとりぼっちで夕食。
ビール500ml、枝豆、アスパラベーコン巻き。フライドポテト。
で、その後「納豆」で飯2杯(だから食い過ぎだって)(レベルマイナス1)

追伸)
ZARDのボーカルの事故死(?)。40歳だったんだぁ・・・。
本当に事故死であるなら、なんとも残念だ。

松岡農相の自殺。こちらは、まぎれもない「自殺」。
「ナントカ還元水」では、取り返しがつかなかった・・・。
恥をかくより、「死」を選んだか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

SW-MOTECH。

さて、このタイトルで何人の人が見に来るか・・・。それは置いといてと。

前回、予告していた愛機XJR1300のサイドケース装着の件ですが。
注文していた ユーロダイレクトショップ(Euro dyrect shop)から物が届きました。この会社の製品、基本ベースにアタッチメントを着ければ、いわゆる「有名パニアケースメーカー」のサイドケースが、簡単に取り付け&取り外しが可能というもの。

P1000891

フロム オーストリア(オーストリー:Österreichざんす。見事に箱が潰れていますな:笑。
ノーマル便(通常発送後:4日〜2週間で到着)で注文しましたが、私のは発送後、5日で到着しました(ちなみに、プライオリティー便:特急便だと4日〜1週間、但し、送料が約1.5倍)。

P1000892

箱を開けるとこんな感じ。割ときちんと緩衝剤とかも入ってます。但し・・・

P1000893

よーくみると。ナット&ネジ類のビニール袋が破れていて、注意が必要。 一応、注文していた製品&部品は、全てそろっていました。

さてと、では、取り付けにかかりますか。
では、まずは、テール部分のブラケット装着。

P1000895

真ん中に見える「黒い金具がテール部分のブラケット」。
ウインカーの位置を買えるので、取り外したものの、新しいブラケットにどうやって付けるのか?困惑しているところ・・・。両側に垂れ下がったウインカーが涙をさそいますな:笑。

P1000896

ウインカーの配線が「カプラー式」になっていることに気づき、なんとかウインカーの移設に成功。ふう。で、この日は、日没のため野外の作業は終了。

夕食を食べた後、部屋の中にて「基本ベース」の方の組み立てに取りかかる。

P1000898

左側に見えるのが今回、XJR1300に取り付ける「GIVI 社製 タイプE21 サイドケース」。右側にみえるのが「基本ベース」に「GIVI社用サイドケース用のアタッチメント」を装着したもの。これを組み合わせると。

P1000897

こんな感じ。これを本体側のブラケットに取り付ける訳ですな。

一夜明けて、作業再開。
さとて、ナンバプレート取り付け。何の問題もなく取り付けられたように思えますが・・・

P1000901 P1000900

元々あったナンバプレート取り付け用ブラケットとテールブラケットのクリアランスが狭くなってしまって、ナンバプレートを取り付けるためのボルトが長過ぎてしまうことが判明。慌ててホームセンターに短いもの(M6×10)のボルトを買いにいく。何とか装着完了。

P1000902P1000903

前日、どうしても外れなかったタンデムバー部分の六角ボルトがやっと外れる。KURE 6-66 (注:5-56の船舶用)を前の日にぶっかけといて、長めの六角レンチ&パイプ延長でやっと外れました。ネジは完全に固着していました。まぁ、7年も外してないんだから、当たり前か・・・。

P1000904P1000908 

注)基本ベースは、クイックシステムで取り外し可能。

「ナンバプレート部」「タンデムバー」「サスペンション取り付け部」、3カ所のブラケットの装着完了、基本ベーツを取り付け。ベースだけだと、ちょっと鎧(装甲)みたい。

P1000909

後ろからみるとこんな感じ。これに「サイドケース本体」を取り付けると・・・。

P1000911  P1000912

GIVI社のサイドケースでも最もスリムな奴をセレクトしたのだが、この幅・・・。うーん。

P1000910 P1000913

なんとか装着完了! イメージとしては、「増槽を追加したジェット戦闘機」。いざという時は、増層を切り離して、戦闘可能という感じで。

注)お前は、「走り屋派」なのか「ツーリング派」なのかどっちなんだ?と言う意見っもあるでしょう。
まぁ、「私」は、「私」。ただの「バイク乗り」と言っておきましょう:笑

追伸)世の中には、ZZR1400とかドカティ999(1098?)にパニアケース(しかもセンター1個、両側サイド2個の合計3個!)をつけて、高速道路をXXXkm/hで「かっ飛んで」いく、人たちがいることに気づく・・・。

さて、乗ってみて&使い勝手はの感想は次回に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

バージョンアップ↑。

さて、我が愛車XJR1300('00年式)だが、「7年落ち」ともなるとさすがに「型遅れ」は否めなくなってきた・・・。とうとう2007年モデルは、排ガス&騒音規制のために触媒&EXAP付きの集合マフラーになっちゃたし。

ツー訳で、今年の春から愛車のバージョンUP↑をを敢行中!

で今の状況はこんな感じ。

Pict0141_1

一応、「ヨシムラサイクロン(機械曲げ*ステンレス)」に交換しました。良い音してまっせー(これで本当に94db以下なのか?:笑

で後は、フロントブレーキは、ニッシンのラジアルブレーキに。ほい。

Pict0147

いいですなぁ。効き心地も最高。

ついでにシートもこんなものに変えてみました。ノーマルよりフラットで2cm程高い。足付き性は犠牲になるものの、乗り心地は向上。150km(距離ですよ距離)ほど走った感じでは良好。

で、次回は、いよいよコレを装着だ(って自分でやるつもりか?)だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »