« 脳。 | トップページ | 出張。 »

2005年11月19日 (土)

参観会。  

昨日(土曜日)は、一番上の子(小学1年)の
参観会(若いママさん達ばっかりの中)参加。

ウチの子ったら、落ち着きねー。
「クラスの5大バカ」に入っていること確実(笑)
*私は「西原理恵子」を応援しています。

授業参観の後に「音楽室」にて「講演会」。
講師は、高校の校長も務められ、現在は某大学の講師兼
スクールカウンセラー歴45年のベテラン(男性)。

正直あまり期待していなかったのですが・・・。
「良い方に期待ハズレ」の講演会でした。
************************

子どもに与えてはいけない三つのこと。それは、
・緊張
・不安
・焦燥
この三つは、「子どもの心」に「孤独感」を生む。
「家」でも「学校」でも居場所がなくなってしまう。

子どもに(過度に)言ってはいけない三つの言葉。
「早くしなさい!」
→そんなに急かせてどうするの。
「勉強しなさい!」
→「勉強ができる」ことは得にはなるが、絶対ではない。
「がんばって!」
→子どもは、十分がんばっています。

子どもを叱る時は、「事柄」を叱って、「人柄」を
叱らない!
*************************

最後に「質疑応答」の時間があったのですが、だーれも
質問しないので、私が質問しました(だって、せっかく
の機会なのに”もったいない”じゃん)。

Q:
子どもに対する「父親」の役割とは?
A:母親は、子どもを包むように「無条件の愛」を
与える存在であり、父親は、物事の是々非々(善悪)を
判断し「条件付きの愛」を与える存在であってください。

有意義な父兄参観会でした。

|

« 脳。 | トップページ | 出張。 »

コメント

ゆきかぜさん、こんばんは~♪ (*^_^*)
参観会…お疲れさまでした♪ 

>「クラスの5大バカ」に入っていること確実(笑)
そんな事はないですよ~♪うちもそうでしたもの。(笑)
男の子って元気が良い子ほど、落ち着きありませんものね。。。
うちの息子がまだ小さい頃、参観していた後ろから私、
「帰ったら、覚えてらっしゃい!」って目ビームを送ったものです。(笑)
でもよぉ~く見ていたら、他のママも目ビームを送ってましたね。(爆)

素敵な講演会に参加されたのですね。
ゆきかぜさんのブログ…読ませて頂くととてもお勉強になります♪
反省しなきゃ☆って、ココロ当たりがあるもの。(^_^;)
子供って、小さくても立派な人格を持った人間なのですから。

質問をされたゆきかぜさん…立派なパパですね♪
奥さまが羨ましいです。。。(#^_^#)

投稿: かりん | 2005年11月20日 (日) 21時31分

いらっしゃいませ。かりんさん。

いえいえ「立派なパパ」なんかじゃありませんよ。
すぐカッとなって「言葉」より「手」が先にでちゃうし、
子どもを「ほめる」ことが少なくなってるし・・・。
自分のことで「いっぱいいっぱい」の時もあるし。

「参観会」ですが、あんまりウチの子の状態が、
ひどいんで、先生のみてないところで、チョット
頭を小突きました:笑。

投稿: ゆきかぜ | 2005年11月20日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140138/7180011

この記事へのトラックバック一覧です: 参観会。  :

« 脳。 | トップページ | 出張。 »